PIXTAで少量定額プラン開始

   

PIXTAで少量定額プランが開始されました。

少量定額プラン販売開始のお知らせ | PIXTA Channel

定額制プランと価格 - 写真素材 - PIXTA

少量定額プランの内容

新しいプランは、6,480円(税込)で30日10点ダウンロード可能というプランです。(1点648円)
360日契約だと30日10点3,888円(税込)になります。(1点388円)

今までの定額プランは1日25点までで30日37,800円(1点約50円)、30日250点までで58,320円(1点約233円)でした。

このようなライトな定額プランは、最近shutterstockでも似たようなプランが開始されたので、需要があるのだと思います。
今まで選択肢がなかったのがおかしいくらいです。

クリエイターへの報酬

クリエイターへの報酬は、1枚あたりの販売単価に単品販売の報酬率が適用されます。
また、クリエイターランクへの寄与としては、今までの定額と同様、5枚で単品1枚分の計算になります。

PIXTA Channelの記事によると、30日6,480円のプランでランク1の一般クリエイターの報酬は1枚あたり1.32クレジット(約142円)です。

30日3,888円のプランの方は書いてませんでしたが、おそらく1枚あたり0.792クレジット(約85円)になるでしょう。

単価的には今までの定額よりだいぶ上がることになります。

クリエイターの収入は増えるか?

今までの定額プランで余らしていた利用者が新しい定額プランに移る可能性もありますし、定額の敷居が下がるぶん、今まで単品で購入していた利用者が新しい定額に流れる可能性もあります。
こればっかりは時間が経ってみないと分からないですね。

新規の利用者が増えないことには、総額的にはあまり変わらないのかなと思います。
新しいプランが増えたことによって、今まで利用していなかったライトなユーザーが増えてくれればと思います。

自分の場合は、その前に絶対的に売れる作品を増やしていかないと話になりませんが…

今日の一枚

館山の海岸の写真

今日の1枚はPIXTAで最近売れた館山の海岸の写真です。
今月に2回売れました。
うっすらと富士山も写っていて、よく撮れた写真だと思います。

それでは。

 - PIXTA